Pair

Pair

 >> NGL >> リファレンス >> Utilityカテゴリ >> Utilityのクラス >> Pair

言語: Visual Basic    C#

最終更新日付:2012/06/13 22:12:36

説明

Pair クラスは任意の要素の「2つ組」を提供します。以下のように、T1, T2 という2つの型パラメータをとります。

Public Class Pair(Of T1, T2)

public class Pair<T1, T2>

Pair クラスには First と Second という2つのパブリックなデータメンバが存在します。これらの型はそれぞれ T1 と T2 になります。Pair は事実上の構造体なので、データにアクセスする場合はパブリックデータメンバを直接利用してください。

Pair クラスには、以下の2種類のコンストラクタがあります。

Public Sub New()
Public Sub New(ByVal v1 As T1, ByVal v2 As T2)

public Pair( )
public Pair( T1 v1, T2 v2 )

パラメータをとらないコンストラクタでは、データメンバには全て初期値が設定されます。パラメータをとるコンストラクタでは、それぞれが指定した値で初期化されます。

また、New で Pair オブジェクトを作成する他に、Utility.MakePair を利用する方法もあります。これは型パラメータを指定しなくてもパラメータから型推論してくれるため、タイプ量を抑えることができます。

また、new で Pair オブジェクトを作成する他に、Utility.MakePair を利用する方法もあります。これは型パラメータを指定しなくてもパラメータから型推論してくれるため、タイプ量を抑えることができます。

 

 


Copyright(C) 2011-2012 Show MATSUOKA.
Powered by Prefab.