Iteratorが規定するインターフェース

Iteratorが規定するインターフェース

 >> NGL >> リファレンス >> Iteratorカテゴリ >> Iteratorが規定するインターフェース

最終更新日付:2012/07/02 18:44:39

Iterator カテゴリでは、反復子の種類に応じて、以下のインターフェースおよび抽象クラスが定義されています。

インターフェース 説明
OutputIterator 出力反復子を表すインターフェースです。
InputIterator 入力反復子を表す抽象クラスです。
ForwardIterator 前方向反復子を表す抽象クラスで、InputIteratorOutputIterator を実装しています。
BidirectionalIterator 双方向反復子を表す抽象クラスで、ForwardIterator から派生しています。
RandomAccessIterator ランダムアクセス反復子を表す抽象クラスで、BidirectionalIterator から派生しています。

 

各インターフェースが定義するメソッドの一覧は以下のページを参照して下さい。

 

NGL のアルゴリズムなどはこれらのインターフェース(または抽象クラス)を引数に要求するため、ユーザ定義の反復子を作成する場合は、上記のインターフェースを実装(または抽象クラスから派生)する必要があります。

 

 


Copyright(C) 2011-2012 Show MATSUOKA.
Powered by Prefab.