Iterator.At

Iterator.At

 >> NGL >> リファレンス >> Iteratorカテゴリ >> 反復子のメソッド >> Iterator.At

言語: Visual Basic    C#

最終更新日付:2012/06/14 23:02:55

説明

反復子が現在指している要素から、指定された値で指定された距離分だけ離れた位置にある要素を取得、または設定します。このプロパティはランダムアクセス反復子だけがサポートします。

形式

Default Public Property At(ByVal idx As Integer) As T

このプロパティは NGL の実装言語である Visual Basic において default プロパティとして実装されています。そのため、C# からは At というプロパティ名でアクセスできず、インデクサとしての利用になります。

public T this[int idx]

実装に関する要求

RandomAccessIterator は整数オフセットによる移動や取得が定数時間で行われる必要があります。そのため、RandomAccessIterator インターフェースを実装する反復子がこのメソッドを実装する場合、距離に比例する時間計算量とならないようにしてください ── 逆にいえば、距離に比例するような時間計算量でしか実装できない場合、ランダムアクセス反復子として実装すべきではありません。

 

 


Copyright(C) 2011-2012 Show MATSUOKA.
Powered by Prefab.