Container.Erase

Container.Erase

 >> NGL >> リファレンス >> Containerカテゴリ >> コンテナのメソッド >> Container.Erase

言語: Visual Basic    C#

最終更新日付:2012/06/22 12:24:26

概要

反復子が指す要素をシーケンスから削除します。

 

サポートするクラス

このメソッドは、以下のコンテナがサポートします。

 

形式

このメソッドには、コンテナの種類に応じて互いに異なる複数のオーバーロードが存在します。以下、それぞれについて説明します。

Vector, Deque, List

Vector, Deque, List には、以下のオーバーロードが存在します。ここで Iterator はそれぞれのコンテナの反復子型を意味しています。

Public Function Erase(ByVal itr As Iterator) As Iterator
Public Function Erase(ByVal itr1 As Iterator, _
                      ByVal itr2 As Iterator) As Iterator

public Iterator Erase( Iterator itr )
public Iterator Erase( Iterator itr1, Iterator itr2 )

上記における最初のオーバーロードでは、itr が指す要素がコンテナから削除されます。2番目のオーバーロードでは、[itr1, itr2) の範囲の要素がコンテナから削除されます。この時、itr2 は itr1 から到達可能でなくてはなりません。

 

Set, MultiSet, Map, MultiMap

Set, MultiSet, Map, MultiMap には、以下のオーバーロードが存在します。ここで Iterator はそれぞれのコンテナの反復子型を意味し、T はコンテナの要素型を示しています。ただし、Map, MultiMap では T は Map(Of K, V) とした場合の K を意味します。

Set, MultiSet, Map, MultiMap には、以下のオーバーロードが存在します。ここで Iterator はそれぞれのコンテナの反復子型を意味し、T はコンテナの要素型を示しています。ただし、Map, MultiMap では T は Map<K, V> とした場合の K を意味します。

Public Sub Erase(ByVal itr As Iterator)
Public Sub Erase(ByVal itr1 As Iterator, ByVal itr2 As Iterator)
Public Function Erase(ByVal v As T) As Integer

public void Erase( Iterator itr )
public void Erase( Iterator itr1, Iterator itr2 )
public int Erase( T v )

上記における最初のオーバーロードでは、itr が指す要素がコンテナから削除されます。2番目のオーバーロードでは、[itr1, itr2) の範囲の要素がコンテナから削除されます。この時、itr2 は itr1 から到達可能でなくてはなりません。3番目のオーバーロードでは、値( Map / MultiMap の場合はキー)が v に等しい要素が全て削除され、その要素数が返されます。

 

 


Copyright(C) 2011-2012 Show MATSUOKA.
Powered by Prefab.